ストリームラインは平泳ぎで重要!水泳を加速させる方法がすごい

平泳ぎのストリームラインを上達させたいと思っていませんか?

 

ストリームライン,平泳ぎ,水泳

 

平泳ぎだけではありませんが無駄のないストリームラインができるようになると、

 

  • スタート
  • ターン後
  • ひと掻きひと蹴り

 

の時に、水の抵抗を抑えグッとスピードをアップさせることができます。

 

平泳ぎは水中の伸びが非常に大切な泳ぎなので、ストリームラインが重要になってきます。

 

ただ、自己流ではなかなかストリームラインは上達しないので悩んでいしまう人も多いかもしれません。

 

例え、平泳ぎのストリームラインの指導を受けたとしても水中のため、なかなか思ったように理解できないようです。

 

↓↓ストリームラインを徹底的に練習したい方必見!↓↓

ストリームライン,平泳ぎ,水泳

 

 

平泳ぎのストリームラインは大切!?

 

平泳ぎに限ったことではありませんが、水泳で早く泳ぐためにストリームラインは大切です。

 

例えば、

 

  • 水泳に必要な筋力をつける
  • 体力をアップさせる
  • 平泳ぎのストロークを学ぶ
  • しっかりと水をキャッチする

 

というような練習を積んだとします。

 

ここまで一生懸命平泳ぎに関することを学んだり努力したら、早く泳げるはずです。

 

でも、泳ぎとは平泳ぎとはそんなに簡単なものではないのです。

 

もしかしたら、ここまで頑張ったという気持ちが体を緊張させ、逆にタイムが遅くなってしまう可能性だってあります。

 

筋力が付いたため体が重くなってしまうかもしれません。

 

つまり、この努力を一気に爆発させることができるのがストリームラインと言っても過言ではありません。

 

筋力をつけてしっかり水をキャッチし、懇親のストロークで水を押し出す!

 

この次の瞬間にストリームラインが重要になってきます。

 

平泳ぎのストリームラインを体得すれば、体中の力を使い一本の槍のようになれるはずです。

 

そして、スピードアップした泳ぎを体験できます!

 

平泳ぎのストリームラインは簡単!?

 

ストリームライン,平泳ぎ,水泳

 

私もマスターズ水泳大会に出たいと思っていて、一番好きな平泳ぎを練習していました。

 

ある程度のストロークやキックはできるので、練習を重ねたら早く泳げると思っていたのです…。

 

でも、いくら練習をしてもタイムは縮まりませんでした。

 

そこで、同じプールで練習をしている水泳仲間の人に、あらためて平泳ぎを見てもらったのです。

 

その水泳仲間は、全ての泳ぎがパーフェクトでストロークも本当に綺麗でカッコいい方なんです♪

 

すると、

 

「ストロークは問題ないですが、ストリームラインが伸びてません。」

 

とのことでした。

 

確かに、スタート・ひと掻きひと蹴り・キック・ターンの後にスピードが落ちている感覚でした。

 

つまり、平泳ぎのストリームラインができていなかった。という事です。

 

で、その水泳仲間に色々アドバイスを頂いたのですが…しっかり理解できませんでした。

 

やはり水の中のことなので、思ったように伝わらないんですよね…。

 

それに気づいた水泳仲間が

 

「仕方ないので私が参考になった方法を教えますよ^^」

 

ストリームラインに特化した練習法で平泳ぎも早くなる!?

 

水泳仲間が教えてくれたのは「ストリームラインに特化した」練習法でした。

 

以前は、DVDを持っていたのですが友人に貸したところ、どこに行ってしまったのか分からないそうです…。

 

ということで、わたしも自宅で学びたいと思いそのDVDを購入してみることにしました。

 

確かに、ストリームラインに特化した内容のDVDは他ではありませんが、値段はちょっと高いかな…。

 

ただ、自分の目で耳で確認しながらストリームラインを学べるチャンスは他ではないので早速購入したのです。

 

このDVDは、東大付属中学で水泳指導されている井口先生とアトランタオリンピックに出場経験がある吉見さんが監修し制作している練習法でした。

 

早速、DVDが到着した日に内容を観てみると…。

 

まず、気になったのが【抵抗の少ない姿勢づくり】という項目です。

 

今まで、抵抗に少ない姿勢というものを意識したことがなかったので、とても興味深い内容でした。

 

わたしは、早く泳ぐためには、力強いキャッチとストロークとキックだけだと思っていたので(;^_^A

 

さらに、新型ストリームラインと旧型ストリームラインを比較し、新型ストリームラインの体型を作る方法を学ぶことができました。

 

ストリームラインに、新と旧があること自体ビックリ!

 

もちろん、その後は新型ストリームラインの練習法に入ります。

 

そして、その練習法を意識しながら日々練習していたら・・・。

 

「水中でグーン!と伸びる感覚になった♪♪」

 

今までは、ストリームラインの真似をしていても途中で失速していたのですが、この練習法を学び実践してみたら、水中でスピードが上がったのです。

 

これがストリームラインなんですね^^

 

もし、あなたもストリームラインを会得されたいのであればこの練習方法を確認してみてはいかがでしょうか。

 

平泳ぎはもちろんですが水泳全般で役に立ちますので実践することをおすすめします。

 

そして、あなたも「グーーーン!」と水中で伸びる感覚を掴んでみてください。

 

そのストリームラインに特化した練習法の公式サイトを紹介させていただきますので、気になる方はどうぞご覧ください。

 

↓↓ストリームラインを徹底的に練習したい方必見!↓↓

ストリームライン,平泳ぎ,水泳

 

 

平泳ぎの練習のコツ

 

平泳ぎの練習のコツは、動作ごとに強化する方法がおすすめです。

 

つまり、平泳ぎの練習方法はドリル練習(同じ動作の反復練習)ということになります。

 

子供や初心者、小学生などの場合は特にキックを重点的に練習する必要があります。

 

クロールや背泳ぎとは違い、平泳ぎのキックは非常に難しいです。

 

タイミングやあおり足がしっかりかみ合っていないと、全然進まないです。

 

まず、伸びた状態から足首を90度に曲げ土踏まずの部分で水を押すような感じ。

 

その後、全身を伸ばしてキックの推進力で進むというドリル練習を続けます。

 

ただ、水中では自分の足が見えないので陸上での練習も効果的。

 

例えば、プールサイドに座り足だけ水に浸けた状態でキックの練習をする。

 

この方法なら、自分の足の動作を確認しながらできるので効率よくできます。

 

あと、慣れていない子供や初心者は、なかなか思ったように進まないため足に余計な力が入り「つる・痛い・できない・沈む」と苦戦するはずです。

 

痛みでつってしまったら、ストレッチをして足を伸ばし痛みも緩和させましょう。

 

キックの練習だけなら家でもできるので速く泳ぎたい上級者にも良いかもしれません。

 

次に、息継ぎの練習では顔をつけるタイミングで苦戦する可能性が高いです。

 

初めはビート板を持った練習メニューがおすすめで、顔の真正面から水面につけるので、鼻に水が入り、苦しいかもしれません。

 

その勢いで沈むか止まるかする初心者もいるようです。

 

コツとしては、水面に顔を浸けた瞬間に鼻から息を吐き、水面から顔を出した瞬間に口から息を吸う。

 

これは、回数を重ねて体で覚えさせる必要があります。

 

平泳ぎで筋肉をつけるべき!?

 

平泳ぎだけではありませんが、スイミングでは全身の筋肉を使う必要があります。

 

プルやキック、伸びるときなど。

 

ただ、筋肉の鍛え方を意識しないでも練習をこなしてさえいれば、腕・足・お尻・背中・腹筋と筋肉はついていきます。

 

だから、水泳では一つ一つの動作を集中して練習すれば大丈夫です。

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る